個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
協栄岡野の小豆島醤油
  • 小豆島醤油TOP
  • 小豆島と醤油
  • 協栄岡野の小豆島醤油
  • 伝承の技(製造工程)
協栄岡野の小豆島醤油image
小豆島醤油:大豆image
小豆島醤油:小麦、塩image
小豆島醤油:杉樽image
小豆島醤油:熟成image
小豆島醤油:もろみimage
七つのこだわり
島に受け継がれてきた伝統の醤油づくり。今も昔ながらの製法で、天然の素材と自然の力にこだわって、理想の醤油を追求しました。
一、「国産丸大豆」を使用しています。
主に北陸産エンレイ、中国地方産サチユタカ、九州産フクユタカなど高タンパク品種を中心に安全性の高い、国内産丸大豆を100%使用しています。
二、「国産小麦」を使用しています。
安全性が高く、高タンパク質の国内産小麦を100%使用しました。
三、「天日塩」を使用しています。
自然の風合いを大切に、天日塩を原料として作り上げた原塩を溶かし、仕込み水としました。
四、「杉桶(こが)仕込」です。
明治から昭和の初めにかけて作られた杉の三十石桶に仕込みました。受け継がれてきた乳酸菌や酵母が自然な発酵、熟成を促します。
五、「寒仕込」です。
温度がじっくり上がる春先の発酵までに大豆、小麦と酵母菌がじっくりと馴染むよう、11月から3月の間に仕込む、寒仕込みにこだわっています。
六、「天然醸造」です。
現在、一般的な醤油は仕込み時に冷却され、発酵には熱が加えられますが、協栄岡野では人為的な温度変化を与えず、四季の温度変化に任せて醸造しています。
七、「長期熟成品」です。
最低でも一年の時間をかけじっくりと発酵、熟成したもろみから搾りました。
↑ページTOPへ
個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
Copyright(C)2008 Kyoei Okano. All rights Reserved.