個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
島善:いい素麺をつくりたい。この一念から、こだわりの素麺ブランド「島善」が誕生しました。安心、安全、良質な国産小麦を厳選し、寒づくりで丹念に仕上げた手延素麺。私たちの誇りの結晶です。

  • 手延素麺TOP
  • 小豆島の風土と素麺づくりの歴史
  • 協栄岡野の手延素麺
  • 伝承の技・製造工程
  • 島善 島善 はゆるたか
小豆島 島善
「島善」は、小豆島手延素麺にこだわり続ける協栄岡野の
ブランドです。
小豆島手延素麺「島善」image
「島善」は、原料のひとつひとつに  徹底的にこだわり、匠の技が作り上げた  高級手延素麺です。

かつて、「国産小麦は素麺づくりには向かない」というのがこの業界の定説でした。しかし、より安心で安全な国産原料を使用した製品を求めるお客様の声は非常に多く、なんとかその声にお応えできる商品を作りたい、と考えたことが「島善」のはじまりです。

「島善」の手延素麺は、100%国産小麦を使用。
塩、ごま油、水など、すべてにおいて納得できる良質な素材を使用しました。また、製造する季節にもこだわり、麺の熟成に適した「寒作り」で丹念に仕上げています。
国産小麦100%
素麺の主原料となる小麦は、国産しか使わないのが「島善」のこだわりです。しかし、国産小麦であれば何でもよいわけではなく、私たちの手延素麺に適した小麦であることが重要です。納得のいく国産小麦を使うことで、他では味わうことのできないコシの強さ、なめらかさ、のど越し、自然の香りが際立つ素麺を生み出すことができるのです。
小豆島手延素麺「島善」原料image
天日塩
麺の熟成を抑え、麺そのものを引き締めるためにも、手延素麺づくりにおいて塩は欠かせません。また、麺を茹で、水洗いした後も微量の塩分が残るので、その味わいも素麺のおいしさを左右する重要な要素となります。原料として使用している「塩」は、純粋な塩化ナトリウムではなく、にがり分といわれる天然成分(マグネシウム、カルシウム、カリウムなど)が含まれた塩で、まろやかで深みのある味わいが特長です。
「島善」では、天日塩を原料として作り上げた塩を使用しています。 小豆島手延素麺「島善」:天日塩image
ごま油
ごま油を使うのが小豆島手延素麺の特長です。麺を細く延ばしていく際にごま油を塗ることで、麺の表面乾燥を防ぐと共に、独特の風味をつける役割があります。「島善」では、良質のごまを煎らずに低温圧搾法で搾った、素材の旨味たっぷりのごま油を使用しています。
手延素麺島善ごま油image
小豆島手延素麺島善image 小豆島手延素麺島善image 小豆島手延素麺島善image
寒作り(寒製)、極寒作り(極寒製)
一般的に、気温が高いと麺の熟成が進み過ぎてしまうため、
手延素麺は気温の低い時期に作るのが最適とされています。
「島善」の手延素麺は、熟成にじっくり時間をかけ、丁寧に引き延ばすことでしっかりとした「コシ」が生まれるよう、製造を気温が低くなる10月〜3月に限定しています。これを「寒作り」、「寒製」といいます。中でも、最も気温の低い冬至〜2月に製造することを「極寒作り」、「極寒製」といい、最も良質な素麺に仕上がるとされています。

北海道産ハルユタカを100%使用した「島善 はるゆたか」は、素麺づくりに適した環境で製造を行っています。
↑ページTOPへ
個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
Copyright(C)2008 Kyoei Okano. All rights Reserved.